ブログ

カテゴリ: 歯周病治療

歯周病の治療 増殖性歯肉炎を伴う歯周炎患者の治療例

歯周病治療のご紹介です。歯周病の進行はわかりづらく患者さん本人も自覚がないまま悪くしてしまう場合が多いです。歯周病が疑われる症状は、歯ブラシ、フロスなどで歯肉から出血するようであれば歯科医院を受診し検査が必要です。

今回の症例。50代女性。噛むと痛い、歯肉の腫れを訴え来院されました。増殖性の歯肉炎、歯周炎、虫歯、歯根膜炎、歯冠修復の不適など様々な問題があります。歯肉の治療は、初期治療から歯肉切除、歯周外科治療まで行いました。ただし、初期治療の段階で高血圧症の治療薬(カルシウム拮抗薬)による副作用の薬剤性歯肉増殖も疑われました。よって、内科医と対診を行い内服薬の変更も行いました。

治療前、治療後の口腔内の状態です。適切な治療により健康な歯肉と歯を取り戻しました

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:医院情報, 歯周病治療, 症例写真

歯周病治療 症例

30代、女性 歯肉の腫れと出血あり。当院にて歯周病の治療を行った結果、歯周病が完治し健康な歯肉に戻りました。下の歯の歯茎に注目してください。また、歯周治療後にホワイトニング(オフィス・ブリーチ)を1回行っています。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:歯周病治療, 症例写真

重度歯周病治療とインプラント治療

50代、女性。重度の歯周病です。歯周病治療の後にインプラント治療を行いました。上顎は歯周病により歯だけではなく歯槽骨と歯肉を喪失してしまいましたので、人工の歯肉付の歯になりました(入れ歯ではありません!固定性です)。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上顎16~25 インプラント・ブリッジ、下顎46,47 インプラント

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:インプラント治療, 歯周病治療, 症例写真

歯周再生治療 エムドゲイン

歯周病により、右下第一大臼歯の近遠心に骨吸収を認めます。エムドゲインを使用した歯周再生外科治療を行いました。まだ、期間が短いですが歯槽骨が再生しています。もう少し経てば歯槽硬線が明瞭になってくるでしょう。

術前レントゲン写真

高木_由美子_20121201_4272

術中

DSC_5393 のコピー

術後レントゲン高木_由美子_20130930_5593

 

 

 

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:歯周形成外科治療, 歯周病治療, 症例写真

歯周病治療について

臨床に近道は、ありません。見つけたと思ってもなかなかうまくはいきません。科学的根拠に基づいた治療が必要です。一日で歯周病は治らないし、ましてや薬でも治りません。歯周病は徹底的なプラークコントロールと原因除去で改善します。それに加えて確実な歯周外科処置で完治します。また、状態はその後の定期的な維持管理で継続されます。DSC_5393 のコピー

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:歯周形成外科治療, 歯周病治療, 症例写真

重度歯周病治療

60代男性、重度の歯周病患者です。ほとんど残せないと判断する歯科医師の方が多いでしょう。歯周病治療ののち、残存歯でブリッジとインプラントです。それでも歯が持たない時と無歯顎の方、QOLを下げずに短期で補綴を急ぐ場合のみAll-ON-4などの全顎インプラントです。

DSC_1145DSC_1860_20100526_771_20130307_4725

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:歯周病治療, 症例写真

歯周病治療とインプラント治療

60代男性、歯がぐらぐらで噛めない。 診断:重度の歯周病です。

DSC_4844

DSC_6520

残念ながら上顎は全部抜けてしまいました。歯周病の進行度により、どうしても残せない歯もあります。

 

 

徹底的なプラークコントロールののち歯周病治療とガイドサージェリーによる即時負荷インプラント治療により、噛む機能と快適さと見た目の改善も達成できました。 上顎16~26インプラント 下顎 36,46インプラント 35~45PFMブリッジ

DSC_4101石井_善雄_20120530_3348石井_善雄_20130422_4952

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:インプラント治療, 歯周病治療, 症例写真

ページのトップに戻る