ブログ

カテゴリ: 衛生管理・感染対策

当院では患者様ごとに切削器具の滅菌をしています。

当院では、患者様ごとに滅菌処理をした清潔な状態の器具を使用しています。ウイルスなどに感染するリスクはありません。

滅菌済みの切削器具を患者様ごとに提供出来る理由があります。それは、クラスBのオートクレーブ(DAC プロフェッショナル)を設置していること。切削器具の滅菌器(DACユニバーサル)があるからです。

詳しく説明します。切削器具の滅菌方法は2つあります。

一つ目はクラスBオートクレーブです。従来の日本で普及した滅菌器はヨーロッパ基準のクラスNです。これはクラスBとは違い非包装の固形物の滅菌しかできません。切削機器のタービンヘッドを袋に入れたりしても、そのままでも中までは滅菌できていません。

一方、クラスBは固形物、中空、多孔性などあらゆる種類の被滅菌物の滅菌。 包装物、非包装物のどちらにも対応しています。要するにこの滅菌器でないと切削器具の殺菌は不可能です。

もう一つの方法は、DACユニバーサルという切削器具専用の滅菌器です。これは、専用機ですのでもちろん完全に滅菌出来ます。

以上のどちらかの機器がない歯科医院では、切削器具の滅菌は出来ていません。多分9〜8割の医院はありません。当院は両方の機器を設置していますのでご安心して診療をうけてください。

クラスB滅菌器 DACプロフェッショナルIMG_2010

切削器具滅菌器 DACユニバーサルIMG_2012

伏見歯科医院

 

 

 

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:医院情報, 衛生管理・感染対策

ヨーロッパ最高基準の衛生管理

院内設備をご紹介します。患者様には治療内容が気になる方が多いと思いますが、しっかりとした衛生管理が出来ている医院かどうかで違いがあります。

まずは、診療に使用する器具の滅菌器についてです。

What is Class B ? オートクレーブのクラス分け (ヨーロッパ基準)

Class N  (Naked Cycle)‐ Sterilization of non wrapped solid instruments .

非包装の固形物の滅菌。

* 従来より日本の歯科医療で導入されてきたのはこのタイプです。

Class B  (Big Autocrave Cycle)‐ Sterilization of all objects, solid, hollow and porous. Both wrapped and non wrapped.

固形物、中空、多孔性などあらゆる種類の被滅菌物の滅菌。 包装物、非包装物のどちらにも対応。

長々難しかったかも知れませんが、要するに歯科治療で使用する細かな器具はクラスBの滅菌器でないと滅菌出来てないということです。

IMG_2016

通常の高圧蒸気滅菌器では完全には滅菌出来ていません。クラスBといわれる滅菌器でないと完全に器具の隅々まで滅菌出来ません。日本での普及率はまだ高くないのが現状です。特にインプラント手術や歯周外科手術を行う医院では、細かな外科器具を多用しますのでクラスB滅菌器がない施設では治療を受けない方がいいでしょう。当院では当然クラスBのSIRONA社のDAC Professional を導入しています。(写真下)

IMG_2010

また、歯を削る機械も滅菌することが可能です。こちらも完全に滅菌出来るのはSIRONA社のDAC Universal しかありません。通常の滅菌器に袋に入れて滅菌しても中まで滅菌出来ていません。(写真下)IMG_2012

使用する水に関しても、水道水をそのまま使うのではなくこちらもSIRONA社のNitraDemという器械に水を通すことで脱塩素処理を行い清潔な水として使用出来ます。(写真下)IMG_2014

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:医院情報, 衛生管理・感染対策

ページのトップに戻る