ブログ

カテゴリ: ホワイトニング インターナルブリーチ

神経の死んだ変色歯のホワイトニング(漂白)インターナル(ウォーキング)ブリーチのご紹介

虫歯や外傷で神経の治療を行なった歯は変色してしまいます。その後、前歯の場合は審美障害を起こします。そして、変色したままの歯を高額なオールセラミッククラウン(12~14万円程)などで被せ治しても歯茎の移行部が黒ずんだままだったり、中の変色を拾ってしまい上手くいきません。まずは変色の改善を行なってから被せ物の治療がベストです。

症例1:30代女性。小学生の時に前歯をぶつけて神経の治療を行う。その後変色してきたので治療法と医院をインターネットで検索し当院を受診されました。遠方であることとご本人が満足されたのでインターナルブリーチ2回で終了。もう一回行えば完全に元の色に改善できたと思います。

症例2:30代女性。10年前に虫歯で神経の治療を行う。その後変色してきた。他院では削って被せると言われインンターネットで検索し当院を受診されました。インターナルブリーチ2回施行。こちらも患者様本人が満足されたので3回目は行いませんでした。また、古い詰め物(CR)の色は改善しないので後日詰め直しを行いました。どちらの症例も削って綺麗なセラミックを被せても上手くいきませんのでご注意を!

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:ホワイトニング インターナルブリーチ, 医院情報, 症例写真

変色歯(神経のない歯)の漂白治療 インターナル・ブリーチ

歯の歯髄(神経)を取ってしまった歯のほとんどが変色してしまいます。奥歯ですと気づかなかったり、銀歯が入っていてわからないだけです。ただし、前歯ですと非常に目立ってしまいます。そのような歯も状態によりますが、ある程度漂白することで改善できる場合があります。

今回もそのような2症例をご提示します。30代女性、前歯の変色を白くしたい。

インターナルブリーチにより色調が改善できました。歯肉の色も明るくなりました。

ただし、この方法でも後戻りと言って時間とともに変色が起こりますのでご理解ください。2〜3回の漂白は可能ですが、その後にセラミックで被せる治療をお勧めします。このようなケースはなにはともあれ治療の第一選択は漂白からですので削って被せる前にご相談ください。

症例2 同じく30代女性

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:ホワイトニング インターナルブリーチ, 医院情報, 症例写真

ホワイトニング オフィス・ホームブリーチとインターナルブリーチの違いについて

歯のホワイトニングには大まかに分けて、二通りあります。一つは神経のある歯を表面から白くするオフィスとホーム・ブリーチです。もう一方は神経のない歯の内部から漂白するインターナルブリーチ(ウォーキングブリーチ)です。

参考症例 20代女性。以前からホワイトニングに興味があり、試してみたかった。オフィス・ブリーチ 1回 費用10,000円

参考症例 20代女性。前歯の変色を治したい。諸事情により明日の夕方までに改善したい。インターナル・ブリーチ 1回 5,000円×2歯=10,000円

右上顎中切歯及び側切歯は失活歯による変色の為、インターナルブリーチを行いました。後日経過を伺ったところ、処置した日の夜には効果が出始めたようです。そして翌日には綺麗に白くなり予定に間に合って良かったと仰っていただけました。

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:ホワイトニング インターナルブリーチ, ホワイトニング オフィス・ホームブリーチ, 医院情報, 症例写真

神経の死んだ歯のホワイトニング インターナル・ブリーチング

歯のホワイトニングの方法は白くしたい歯の状態により異なります。被せ物や詰め物がある場合はその物自体は白くなりません。あくまで天然の歯の部分が漂白されます。

よって、天然の歯は表面からのホワイトニング(オフィス/ホーム)で白くなります。しかし、この方法でも色調が改善しない状態の歯があります。それは、歯の歯髄を取ってしまった歯いわゆる神経が死んでしまった歯です。これは虫歯や外傷などで歯の中の歯髄が悪くなり根の治療を施された状態の歯なのですが、多くが色調がグレーや茶色く変色してしまします。この歯の場合は、歯の内部(根管)からの漂白を行います。

これを、インターナル・ブリーチ(ウォーキング・ブリーチ)と言います。当院での治療例を紹介いたします。

30代女性、前歯の変色の改善を主訴に来院されました。歯の中からの漂白のみです。削って被せることも考えたようですがやらなくてよかったのとこのようなケースは漂白なしではオールセラミックスなどで治してもうまくいきません!みなさんご注意を!

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:ホワイトニング インターナルブリーチ, 医院情報, 症例写真

神経のない変色歯の漂白 インターナルブリーチ

虫歯や外傷で前歯の神経を取ってしまった方はたくさんいらっしゃると思います。そして大体の方が歯の色が暗く、茶色く変色してしまいます。改善方法は歯を削って綺麗な歯を被せる補綴治療がありますが、その前に歯の漂白を行うだけで色調改善が可能な場合があります。このようなケースは安易に歯を削らずに一度、当院にご相談ください。

このケースは、40代女性です。親族から前歯が暗く見えると言われたそうです。前歯の裏から漂白剤を入れます。1週間に1度でこれを2〜3回繰り返します。古い詰め物は削りますが健康な歯は削りません。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:ホワイトニング インターナルブリーチ, 医院情報, 症例写真

ウォーキング・ブリーチ(神経のない歯の漂白)インターナル・ブリーチ

一般的に神経のない歯と言われますが、このように色が変色することがあります。このような歯も漂白により、色調改善可能です。KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERAKONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

さいたま市緑区の歯医者、伏見歯科医院

 カテゴリ:ホワイトニング インターナルブリーチ, ホワイトニング オフィス・ホームブリーチ, 医院情報, 症例写真

ページのトップに戻る